SUMMER WARDROBE ESSENTIALS #10
夏の必須のワードローブ

やみつきになる快感にリピーター急増中 
カラダが喜ぶ、パイル地の誘惑。
小暑。梅雨が明けて本格的に夏になる。
風が熱気を運んでくるこの季節に絶対に必要な服。

ここでは「SUMMER WARDROBE ESSENTIALS ~夏の必須ワードローブ~」と題して、今季クリケットからリリースされる新作の中から、厳選したアイテムを紹介する。

第10回目は、素肌に優しく包み込まれるような着心地のパイル地のTシャツだ。
夏にとっても頼りになる優れた機能性についても解説しておこう。

海上がり。
濡れた身体を優しく包み込む柔らかいタオル。
ビーチチェアに寝そべりながら、その肌触りを実感しているうちに身体に残った水滴を素早く吸い取ってくれる。
そして突然、夢見心地のようなまどろみに襲われて…。
まるでそんな心地良さを味わえるTシャツが、クリケットのパイル地のTシャツだ。

心地良さの正体は、パイル地の特徴にあるといっていい。ここでパイル地について説明しておこう。
一般的にパイル地とは生地の両面(もしくは片面に)丸いループ状の糸を織り出している生地のことを指している。

ポリエステルとコットンを混紡したクリケットのパイル地のTシャツは生地の両面をループ状に毛羽立たせているため、平面的な織物に比べて肌に触れる面積が少ない。
この生地の凹凸によってとても肌触りが良く、涼しげな着心地を実現している。
また、平面的な織物に比べて表面積が広いため、吸水性・吸汗性に優れている。
そして速乾性についても同じことがいえるのだ。

だからこそ四六時中、じっとり汗ばんでしまうこの季節に、パイル地Tシャツは素早く汗を吸い取りカラッと乾く。
これさえ着ていれば常にさらりと涼しげな着心地をもたらしてくれるのだ。

燦々と輝く夏の太陽の下、汗でぐっしょり…では夏のお洒落が台なしというもの。
その点このパイル地Tシャツは、吸水速乾性に優れているから頼もしい。

加えて、デザイン面でも優秀だ。
それぞれがメランジのような奥深い表情が特徴の3色の異なる生地を組み合わせて、ピッチの太いボーダー柄を表現。
もの足りなさを感じる夏の軽装で、1枚であっても十分絵になる。
もちろんジャケットのインナーに着ても写真のとおり、こなれた印象を演出することができるのだ。

1枚で着ても存在感抜群のボーダー柄デザインは、ジャケットのインナーとして合わせれば着崩し効果もあるパイル地Tシャツ。
何より嬉しいのは、いかなる猛暑であっても常に涼しげで快適な着用感を提供してくれるという点であろう。

主戦場が海や山のアウトドアフィールドでも、もちろん都会であっても、クリケットのパイル地Tシャツは全方位的に活躍してくれるはずだ。
優れたデザイン、着心地、汎用性と三拍子揃ったパイル地Tシャツ。
一度袖を通せば、その利便性に誰もがやみつきになるはずだ。